平塚市と茅ヶ崎市の人口比較

日本全体として人口が減少傾向にあることは、よく知られている事実です。

 

その中で、平塚市と茅ヶ崎市で、将来的に人口が逆転すると予測されていることに気づきました。

そこで、どのような見通しとなっているのか、調べてみました。

 

参考にしたのは、次のページです。

 

○ 総人口

2015年までは、国勢調査を基にした値です。

10月1日時点の人口を用いています。

2020年以降は、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口を使用しています。

 

一貫して平塚市の方が多かったものの、1985年頃をピークに差は縮まっています。

そして、2030年頃にその差はなくなり、それ以降は茅ヶ崎市の方が多くなります。

その後は、差が拡大すると推計されているようです。

 

○ 年齢別人口

せっかくなので、年齢別人口も見てみました。

次の分類となっています。

  • 0~14歳
  • 15~64歳
  • 65歳以上

 

利用データは、総人口と同様です。

2015年までとそれ以降で、分かれます。

 

平塚市の方が茅ヶ崎市より全体に対する割合が高いのは、0~14歳で2000年頃、15~64歳で2015年頃までになるようです。

65歳以上は、2015年以降、平塚市の方が高いです。

 

将来推計人口はあくまでも推計であり、変化する可能性はあります。

2030年までおよそ10年ほどですが、その頃にどのように変化しているのか、気になるところです。

カテゴリー: 特集 | 平塚市と茅ヶ崎市の人口比較 はコメントを受け付けていません。

淡島堂

平塚の北部、霊山寺の敷地内にある堂です。

 

建立年代は不詳であるものの、「淡島社」としては江戸時代後期以前には存在していたそうです。

安産祈願や女性の病気治癒に霊験があるとされ、3月13日に淡島待(あわしままち)と呼ぶ縁日が開かれ、多くの参拝者があったと紹介されています。

 

淡島様は、針供養が有名と案内されています。

こちらにも、針供養塔があります。

 

湘南ひらつか観光マップの昔の版では、「淡島様」と掲載されていました。

淡島様は、全国の淡島神社に祭られる女神にあたるそうです。

 

【淡島堂】

平塚市下島384 霊山寺敷地内

カテゴリー: その他, 郊外(北部) | 淡島堂 はコメントを受け付けていません。

青空と桜

ヘッダー画像を更新しました。

「青空と桜」です。

カテゴリー: 案内 | 青空と桜 はコメントを受け付けていません。

平塚食本(2019年リニューアル版)

平塚市内のレストランやカフェなどの飲食店が登場する、グルメガイドブックです。

 

ぴあの発行です。

2019年9月の発売で、2015年11月に発刊された同名ガイド誌のリニューアルです。

 

160軒が、掲載されているそうです。

魚、平塚特産品、テイクアウト、酒場、時間帯別などの切り口で、紹介されています。

 

前誌は売れ行きがよく、初版が1万5千部程度で、2度重版があり、2万8千部まで印刷されたそうです。

横浜や藤沢、茅ケ崎など、各地で同様のシリーズが出ているものの、県内でも1・2位の実売になったとのことです。

平塚市長の記者会見より)

 

こういった書籍を見るたびに、意外と店があるものだと感じます。(笑)

店の開拓に、参考になります。

 

書籍に付いているクーポン券は、2020年8月まで有効となっています。

カテゴリー: 書籍 | 平塚食本(2019年リニューアル版) はコメントを受け付けていません。

J1リーグの開幕

ヘッダー画像を更新しました。

「J1リーグの開幕」です。

カテゴリー: 案内 | J1リーグの開幕 はコメントを受け付けていません。