世帯種類別世帯数と世帯人員

世帯種類別世帯数と世帯人員です。

世帯の人数や種類などで、分類されています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

一般世帯を中心に見ます。

1世帯当たり人員は、2.32~2.42の間で、大きな差はありません。

 

核家族世帯は、内陸部の厚木市、伊勢原市、秦野市の順で低くなっています。

逆に、沿岸部の茅ヶ崎市、藤沢市、平塚市が高めです。

 

18歳未満の世帯員のいる世帯は、秦野市、小田原市、平塚市の順で低いです。

割合が高いのは、茅ヶ崎市、藤沢市、厚木市です。

 

65歳以上の世帯員のいる世帯は、厚木市、藤沢市、伊勢原市の順で低いです。

割合が高いのは、小田原市、秦野市、平塚市です。

 

65歳以上の単身世帯は、厚木市、伊勢原市、秦野市の順で低いです。

割合が高いのは小田原市で、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市が同程度で続いています。

 

平塚市は、特に突出したものはなく、全体的に中間的な値が多い印象です。

面白いのは厚木市で、核家族世帯、65歳以上の世帯員のいる世帯、65歳以上の単身世帯の割合が低く、18歳未満の世帯員のいる世帯は高めになっています。

カテゴリー: 特集 | 世帯種類別世帯数と世帯人員 はコメントを受け付けていません。

市区町村別の人口増減数・率

市区町村別の人口増減数・率です。

データは、2016年の1月~12月の人口統計調査結果に基づたものです。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

分類すると、次のようになります。

  自然増 自然減
社会増 藤沢市 茅ヶ崎市、平塚市、小田原市、伊勢原市
社会減   厚木市、秦野市

 

「自然減・社会増」のグループも、トータルの増減で2つに分けられます。

トータルでプラスになっているのは茅ヶ崎市と伊勢原市で、マイナスになっているのは平塚市と小田原市です。

 

市区町村別人口-年別-」にあるように、2017年ではまた違った動きが見られます。

ただ、傾向は、参考になるのかと考えます。

カテゴリー: 特集 | 市区町村別の人口増減数・率 はコメントを受け付けていません。

市区町村別の世帯数、男女別人口、1世帯当たり人員、人口密度

市区町村別の世帯数、男女別人口、女性100人に対する男性の人数(男女比)、1世帯当たり人員、人口密度です。

グラフは、女性100人に対する男性の人数(男女比)と1世帯当たり人員を出しています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

女性100人に対する男性の人数(男女比)は、沿岸部の市の方が女性が多く、内陸部の方が男性が多いという面白い結果になっています。

女性の方が多いのが、藤沢市、茅ヶ崎市、小田原市です。

男性の方が多いのが、厚木市、伊勢原市、秦野市です。

 

平塚市は、沿岸部で唯一、男性の方が多くなっています。

ただそれでも、内陸部の3市に比べると、少ない方です。

また、この全7市の中で、男女比が最も小さくなっています。(人数的に近い)

 

1世帯当たりの人員は、全体では2.30~2.40で、それほど大きな差はありません。

平塚市は2.35で、中央の辺りにあります。

 

人口密度は、茅ヶ崎市と藤沢市が飛び抜けて高くなっており、平塚市はそれに次いでいます。

可住地の割合が関係しているのかと考えましたが、「土地利用面積」で見た可住地面積の割合では、平塚市も低くはありませんでした。

単純に、住宅での利用の関係なのかと考えています。

 

ここで扱われている女性100人に対する男性の人数(男女比)、1世帯当たり人員、人口密度といったところでは、平塚市は7市の中では平均的な市になるようです。

カテゴリー: 特集 | 市区町村別の世帯数、男女別人口、1世帯当たり人員、人口密度 はコメントを受け付けていません。

秋の大山

ヘッダー画像を更新しました。

「秋の大山」です。

カテゴリー: 案内 | 秋の大山 はコメントを受け付けていません。

市区町村別人口-年別-

2015年、2016年、2017年の市区町村別人口です。

単位は、人です。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

単純なグラフでは、全市ともほぼ横ばいです。

前年比で見ると、違いが分かりやすくなります。

(2015年は、100%としています)

 

2015年と2017年の人口を比較すると、藤沢市が一番増加していることが分かります。

2年間で増加しているのは、藤沢市、伊勢原市、茅ヶ崎市、平塚市です。

 

厚木市は、若干の減少があるものの、ほぼ同じです。

減少しているのは、秦野市、小田原市です。

 

平塚市は、2015年から2016年にかけては減少していますが、2016年から2017年にかけて増加しています。

厚木市も同様の傾向にあるようで、前年比でこの2市は似たような動きを示しています。

 

一般的には、都心や横浜などの大都市に近い方が、増加の傾向にあるようです。

後は、交通のアクセスがよくなったり、住宅地の開発が行われたなどといった個別の要因が影響するものと考えられます。

カテゴリー: 特集 | 市区町村別人口-年別- はコメントを受け付けていません。