獣霊碑

渋田川沿いにある碑です。

 

1933年(昭和8年)3月に、豊田村家畜愛護会により設置されたそうです。

 

昔は、農耕に使われた牛や馬などが死ぬと、動物供養塔として馬頭観音が祀られました。

1994年(平成6年)~1995年(平成7年)に豊田工業団地が造成された時に、村内にあった馬頭観音がこの場所に集められたと案内されています。

 

馬頭観音です。

色々な形状があることが分かります。

 

【獣霊碑】

平塚市東豊田 渋田川沿い

カテゴリー: その他, 中央部 | 獣霊碑 はコメントを受け付けていません。

平塚戦災復興事業完成記念

八幡山公園の一角にある記念碑です。

 

平塚市は1945年(昭和20年)7月16日の空襲で、中心部や工業地帯など314ヘクタールが被災しました。

壊滅的な打撃を受けた平塚市を再建するため、1946年(昭和21年)9月に、神奈川県と平塚市による平塚都市計画事業土地区画整理事業が着手されました。

 

そして、多くの苦難を克服し、21年の歳月と総工費11億円を費やして、新しい平塚が誕生したと案内されています。

 

県と市による事業ということで、当時の県知事の名前が記されています。

 

見方によってはやや恐ろしい?シルエットにも見えますが、21年にも及ぶ大事業を顕す記念碑なのでした。

 

【平塚戦災復興事業完成記念】

平塚市浅間町1-1

カテゴリー: その他, 中心部 | 平塚戦災復興事業完成記念 はコメントを受け付けていません。

平和慰霊塔

八幡山公園の中にある慰霊塔です。

 

明治以来の戦争における犠牲者を慰霊するため、1963年(昭和38年)1月に慰霊施設建設の準備委員会が設けられました。

そして1965年(昭和40年)に、市民の浄財と市の費用により建立されたと案内されています。

 

隣には、当時の市長による短歌が設置されています。

 

平塚市博物館情報によると、当地から出征して亡くなられた人、学徒動員生、女子挺身隊、空襲による犠牲者など、2365人の名簿と千羽鶴2組が納められています。

プレキャスト・コンクリート井桁積み構造で、「平和の炎」までの高さは22メートルあるそうです。

 

近くには、「水流れて滄海に帰す」と記された石が置かれています。

平塚市遺族会婦人部が設置したものとのことです。

 

【平和慰霊塔】

平塚市浅間町1-1

カテゴリー: その他, 中心部 | 平和慰霊塔 はコメントを受け付けていません。

ローズフェスティバルの花菜ガーデン

2019年5月7日から6月9日まで「ローズフェスティバル 2019 春」が開かれている花菜ガーデンの様子です。

 

中盤の時期ですが、多くのバラが咲いていました。

他にも多数の花が見られ、園内は華やかでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 写真館 | ローズフェスティバルの花菜ガーデン はコメントを受け付けていません。

花菜ガーデンのエキウム・ウィルドプレッティ

ヘッダー画像を更新しました。

花菜ガーデンのエキウム・ウィルドプレッティ」です。

カテゴリー: 案内 | 花菜ガーデンのエキウム・ウィルドプレッティ はコメントを受け付けていません。