事業所数と従業者数(民営)-市区町村・産業(大分類)別- 従業員数

市町村別の従業員数です。

17に分類した産業(大分類)別の従業員数が表されています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

事業所数に比べると、市ごとの違いが大きく出るようです。

産業別で多いのは、卸売業・小売業、製造業、医療・福祉などとなっています。

 

平塚市は、他市に比べると、平均的な印象です。

大きな特徴は製造業で、秦野市に次いで際立って割合が高いです。

割合で見た時に7市の中で最も高いのは、金融業・保険業です。

 

藤沢市は不動産業・物品賃貸業、宿泊業・飲食サービス業、茅ヶ崎市は建設業、生活関連サービス業・娯楽業、医療・福祉、小田原市では鉱業・採石業・砂利採取業、電気・ガス・熱供給・水道業、卸売業・小売業が、他市に比べて最も高いです。

厚木市は情報通信業、運輸業・郵便業、学術研究・専門・技術サービス業、サービス業(他に分類されないもの)、伊勢原市は農林漁業、教育・学習支援業、複合サービス事業、秦野市では製造業となっています。

 

厚木市の学術研究・専門・技術サービス業の割合の高さには、驚かされました。

規模の大きな大学や研究機関などが多いということでしょうか。

 

参考までに、平塚市単独で出したものです。

カテゴリー: 特集 | コメントする

事業所数と従業者数(民営)-市区町村・産業(大分類)別- 事業所数

市町村別の事業所数です。

17に分類した産業(大分類)別の事業所数が表されています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

大きな傾向としては7市ともほぼ同様で、細部で特徴が出ている感じでしょうか。

産業別で多いのは、卸売業・小売業、宿泊業・飲食サービス業、不動産業・物品賃貸業、建設業などとなっています。

 

平塚市は、全体的に平均的な印象です。

割合で見た時に7市の中で最も高いのは、建設業や金融業・保険業になるようです。

 

藤沢市は宿泊業・飲食サービス業、茅ヶ崎市は生活関連サービス業・娯楽業、医療・福祉、小田原市では鉱業・採石業・砂利採取業、卸売業・小売業、複合サービス事業が、他市に比べて最も高いです。

厚木市は電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業・郵便業、学術研究・専門・技術サービス業、伊勢原市は農林漁業、不動産業・物品賃貸業、サービス業(他に分類されないもの)、秦野市では製造業、教育・学習支援業となっています。

 

参考までに、平塚市単独で出したものです。

カテゴリー: 特集 | 事業所数と従業者数(民営)-市区町村・産業(大分類)別- 事業所数 はコメントを受け付けていません。

ローズフェスティバルの花菜ガーデン

ヘッダー画像を更新しました。

ローズフェスティバル花菜ガーデン」です。

カテゴリー: 案内 | ローズフェスティバルの花菜ガーデン はコメントを受け付けていません。

就業者数-市町村別

市町村別の就業者数です。

従業上の地位別と、19に分類した業種別の人数が表されています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

大きな傾向としては7市ともほぼ同様で、細部で特徴が出ている感じでしょうか。

業種別で多いのは、製造業、卸売業・小売業、医療・福祉となっています。

 

細かく見たところでは、藤沢市と茅ヶ崎市で製造業の割合が他市に比べて低い一方、情報通信業の割合が高い点や、厚木市で運輸業・郵便業が高いといった点などが面白い印象です。

 

参考までに、平塚市単独で出したものです。

カテゴリー: 特集 | 就業者数-市町村別 はコメントを受け付けていません。

出生・死亡・死産・婚姻・離婚件数

出生・死亡・死産・婚姻・離婚件数です。

実数と、1000人・件に対する割合が表されています。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

出生は、藤沢市、茅ヶ崎市、伊勢原市の順で、割合が高くなっています。

低いのは、秦野市、小田原市、平塚市です。

 

死亡は、小田原市、平塚市、茅ヶ崎市と秦野市の順で、割合が高くなっています。

低いのは、伊勢原市、厚木市、藤沢市です。

 

死産は、出産(出生+死産)1000件に対する割合です。

秦野市、茅ヶ崎市、小田原市の順で、高くなっています。

低いのは、平塚市、厚木市、藤沢市です。

 

婚姻は、伊勢原市、藤沢市、厚木市の順で、割合が高くなっています。

低いのは、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市と小田原市です。

 

離婚は、茅ヶ崎市と厚木市、平塚市と小田原市の順で、割合が高くなっています。

低いのは、伊勢原市です。

 

いずれも人口構成などの影響を受けるため一律の比較は難しいところがありますが、それぞれの市を理解する助けにはなりそうです。

平塚は死産の割合が低くなっていますが、医療体制等によるものかどうかは分かりません。

カテゴリー: 特集 | 出生・死亡・死産・婚姻・離婚件数 はコメントを受け付けていません。