金目川サイクリングコースの考察

金目川(花水川)、鈴川沿いに設置されている金目川サイクリングコース(金目川コース鈴川コース)の考察です。

今回は主に、金目川コースを対象としています。

 

まずは、悪い点です。

 

〇 路面が痛んでいる箇所が多い

自転車部品の破損やパンクは、今までに多数経験しています。(苦笑)

 

 

〇 車併走区間が多い

一部には、やや危険な箇所もあります。

 

〇 抜け道として利用するオートバイがいる

オートバイや自動車の通行禁止箇所でも、たまに見かけます。

 

〇 土砂で埋まる時がある

川の増水時で、年1回程度でしょうか。

 

 

〇 夏場はコースが狭くなる上、暑い

草がよく育ちます。(笑)

 

〇 東雲橋で分断されている

橋の架け替えにより、下を通るコースがなくなってしまいました。

安全面や移動時間に、影響がありました。

 

 

〇 花水川橋で道がなくなる

こちらも、橋の架け替えにより、下を通るコースがなくなりました。

 

〇 その他

時間帯によって車併走区間を通る車が多い、直交する車が増える、近隣の学校の通学生徒が多くなる、街灯が少ない、季節や時間帯によっては虫が多い、などあります。

 

よい点です。

 

〇 風景がよい

川と緑の自然に囲まれており、桜やアジサイなど季節の変化が楽しめます。

高麗山、大山や丹沢山系、富士山も見えます。

 

 

〇 比較的短時間で、安全に移動できる

市内北西部の吾妻橋から花水川河口まで7キロメートル程度になりますが、その間に通過する信号は2つだけです。

通過する信号が少ないため、比較的短時間で安定した移動が可能です。

また、交通量の多い道路や住宅街の中などを通らないため、事故の危険性は低めです。

 

1967年(昭和42年)に日本で最初に開通したと言われるコースですが、よく計画されたものだと考えます。

サイクリングコースとしては色々と問題を抱えますが、地域の移動手段としては今も大事なものとなっています。

 

それだけに、その後の維持管理でもう少し考慮があったらと思われるのが残念です。

カテゴリー: 特集 | コメントする

花菜ガーデンの「ペコちゃんがやってくる」

ヘッダー画像を更新しました。

花菜ガーデンの『ペコちゃんがやってくる』」です。

カテゴリー: 案内 | コメントする

花水川の盛夏の夕暮れ

平塚の撮影スポットに掲載している、何度も登場している場所です。

今年も、登場です。

 

雷雨が通り過ぎた後の様子です。

雲にやや荒々しさが残り、複雑な景色を作り出していました。

 

高麗山の方角です。

噴煙を出しているかのような、ダイナミックな姿が見られました。

カテゴリー: 写真館 | 花水川の盛夏の夕暮れ はコメントを受け付けていません。

夏の高麗山

ヘッダー画像を更新しました。

「夏の高麗山」です。

カテゴリー: 案内 | 夏の高麗山 はコメントを受け付けていません。

人魚の像と澤田政廣

「人魚の像」は、平塚駅南口の広場に設置されている彫刻です。

 

正式名称は、「海の賛歌」です。

(リンク先のページは情報が古く、今は整備により広場に入れます)

 

1962年(昭和37年)の平塚市の市制施行30周年を記念して、建てられました。

建立されたのは、1963年(昭和38年)です。

市内では、有名な彫刻の一つです。

 

2018年(平成30年)、青森県八戸市に行くことがありました。

その移動中、八戸駅の駅前広場で、記憶にあるシルエットを目にしました。

 

どうしても気になったので近づくと、それは人魚の像でした。

時間の関係で詳細は分かりませんでしたが、平塚と同じ作者の作品のようでした。

 

そこで、この像について気になり、調べることにしました。

すると、静岡県熱海市に美術館があり、そこにも人魚の像が存在すると知りました。

 

澤田政廣記念美術館です。

人魚の像の制作者である澤田政廣の作品やコレクションを収蔵した市立美術館です。

 

建物の正面中央に、人魚の像が設置されていました。

制作は平塚と同じ、1963年(昭和38年)と記されています。

 

美術館の方の話では、平塚のものが制作された後、こちらも作られたそうです。

八戸の制作理由等については、詳しくは分からないようでした。

 

作者の澤田政廣は、19歳で彫刻家を志し、1988年(昭和63年)に93歳で亡くなるまで、多くの木彫作品、絵画、陶芸、版画、書などを創作されたそうです。

帝展や日展にも、毎年のように出品されていました。

文化勲章を受章し、熱海市の最初の名誉市民となっています。(略年譜

 

記念美術館では、彫像や絵画の他、ミイラ木棺などのコレクションが展示されています。

展示作品が多く、澤田さんが人魚に興味を持ったきっかけなどの紹介があり、思っていた以上に楽しめました。

カテゴリー: 特集 | 人魚の像と澤田政廣 はコメントを受け付けていません。