都市計画区域面積

都市計画区域面積です。

市街化区域と市街化調整区域になります。

単位は、1万平方メートル(ha)です。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

沿岸部の市の方が市街化区域の割合が大きく、内陸部の市の方が小さい傾向があります。

内陸部の方が山や丘陵地などが多くなるため、当然と言えば当然でしょうか。

 

平塚市は、市街化区域と市街化調整区域の割合が、およそ半々になっています。

藤沢市や茅ヶ崎市に比べると、市街化区域の割合が低めです。

県内有数の農業生産地であることなどが、関係するのかと考えます。

カテゴリー: 特集 | コメントする

ローズフェスティバルの花菜ガーデン

ヘッダー画像を更新しました。

ローズフェスティバル花菜ガーデン」です。

カテゴリー: 案内 | コメントする

土地利用面積

土地利用面積です。

総面積、可住地面積、林野面積、耕地面積、工場敷地面積、人口集中地区面積があります。

単位は、平方キロメートルです。

(出典:県勢要覧2017(平成29年度版)

 

総面積では、藤沢市が平塚市に最も近いです。

平塚市より大きい市は、小田原市、秦野市、厚木市、藤沢市で、小さい市は伊勢原市、茅ヶ崎市です。

茅ヶ崎市は、平塚市の半分強程度です。

 

可住地面積も、藤沢市が最も近いです。

基本的には、沿岸部の市の方が面積割合が大きく、内陸部の市の方が小さくなります。

小田原市は、沿岸部と内陸部の両方の性格を併せ持つでしょうか。

 

林野面積は、内陸部の市の方が大きくなります。

小田原市を除く沿岸部の市は、1桁台の割合です。

 

耕地面積は、耕地に適する条件や、人口密度などが影響しそうです。

平塚市のみ、20%を超えています。

県内でも有数の農業生産地であることが、表れています。

 

工場敷地面積は、藤沢市と平塚市が、面積・割合とも大きいです。

平塚市では1次産業、2次産業、3次産業のバランスが比較的よいと言われていますが、それが表れているでしょうか。

 

人口集中地区面積は、藤沢市と茅ヶ崎市が、60%を超えています。

平塚市は、50%弱です。

可住地面積の影響を大きく受けそうですが、藤沢市に比べると人口が分散していると言えるのかも知れません。

カテゴリー: 特集 | 土地利用面積 はコメントを受け付けていません。

データで見た平塚

データから平塚の姿を確認しています。

比較対象として、藤沢市、茅ヶ崎市、小田原市、厚木市、伊勢原市、秦野市を用いています。

 

カテゴリー: 特集 | データで見た平塚 はコメントを受け付けていません。

鈴川の鯉のぼり

ヘッダー画像を更新しました。

「鈴川の鯉のぼり」です。

カテゴリー: 案内 | 鈴川の鯉のぼり はコメントを受け付けていません。