ベルマーレワンダーランド 2018

ヘッダー画像を更新しました。

ベルマーレワンダーランド 2018」です。

カテゴリー: 案内 | コメントする

旧市庁舎の記憶

平塚市役所の前庭に設置されている展示です。

 

平塚市役所の旧庁舎は、1964年(昭和39年)に、平塚新宿(現在の平塚市錦町)から移転して作られました。

そして、50年近くの間、この地に存在しました。

 

2000年代に新庁舎が検討され、2008年(平成20年)10月には「新庁舎設計基本構想」が、2009年(平成21年)4月には「新庁舎設計基本計画」が策定されました。

その後、2期に分けて、旧庁舎の解体や新庁舎の構築が行われました。

 

新庁舎のデザインは、旧庁舎のデザインを踏襲したということです。

その旧庁舎の記憶を留めるため、手摺の一部が保存・展示されています。

 

近くには、旧議事堂の外壁に設置されていたプレキャストコンクリート彫刻「静と動」の一部も残されています。

この彫刻の作者は、造形作家の小野襄でした。

 

【旧市庁舎の記憶】

平塚市浅間町9-1 平塚市役所の敷地内


大きな地図で見る

カテゴリー: その他, 中心部 | 旧市庁舎の記憶 はコメントを受け付けていません。

平塚市民憲章

平塚市役所の前庭に設置されているものです。

 

市民憲章は、1982年(昭和57年)4月1日に制定されました。

次のような内容になっています。

市のHPから引用。一部修正)

 

(前文)

わたくしたちのまちは、東海道五十三次の一つの宿場として古く知られていましたが、国鉄が開通してから農・漁・商業に工業が加わり、近代的な都市となりました。

不幸にして関東大震災と第二次大戦によって打撃を受けましたが、雄々しく立ち直り、今や湘南屈指の都市として発展をつづけております。

北に丹沢、西に富士を仰ぎ、南は相模灘に臨み、おだやかな四季、豊かな水など自然の環境にめぐまれています。

このまちを一層住み心地のよい都市に成長させることがわたくしたちの責任です。

市制50周年にあたり、わたくしたち平塚市民の生活指標として、ここに市民憲章を制定します。

 

(主文)

1 わたくしたちは、自然を愛し、秩序をまもり、うるおいのある心を育てます。

1 わたくしたちは、心身を鍛え、仕事に励み、明るい家庭をきずきます。

1 わたくしたちは、地域の行事にすすんで参加し、友愛の輪を広げます。

1 わたくしたちは、心を合わせ、安全なまち、豊かなまちをつくります。

1 わたくしたちは、教養を高め、文化をはぐくみ、世界に目を開きます。

 

中央の石には前文が刻まれており、周りを囲む5つの石には主文が記されています。

 

市庁舎の建て替え前から存在したものか、正確なところは分かりません。

恐らく以前も存在し、建て替え後にここに設置されたのではないかと想像しています。

 

【平塚市民憲章】

平塚市浅間町9-1 平塚市役所の敷地内


大きな地図で見る

カテゴリー: その他, 中心部 | 平塚市民憲章 はコメントを受け付けていません。

REVOLVE

平塚にある野外彫刻です。

湘南ひらつか野外彫刻展に出展された彫刻の一つです。

 

作者は、中村ミナトです。

大賞を得た作品です。

 

平塚市役所の前庭に設置されています。

市庁舎の建て替え工事中は公開されていませんでしたが、終了後に戻されました。

 

彫刻展の実行委員長のコメントとして、「中空の円環状と同じく円型の板を直角に交叉させたダイナミックで構成的な作品。アルミニウムによるメカニックな形態がさわやかであり、大きな空間を内包しながら確かな空間の拡がりを提示しているのが魅力で、終始高い支持を集めた」とあります。

選考の結果を見ましたが、ダントツに支持されたようです。

 

コメントから判断すると、交叉の角度が若干ずれているようにも見えます。

気のせいでしょうか?

 

以前に工事中に記した記事も、ご参考ください。

 

【REVOLVE】

平塚市浅間町9-1 平塚市役所の敷地内


大きな地図で見る

カテゴリー: オブジェ, 中心部, 観光 | REVOLVE はコメントを受け付けていません。

平塚駅の柳の木

平塚駅北口にある柳の木です。

 

1887年(明治20年)7月11日、東海道鉄道(現在の東海道本線)が横浜から国府津まで延長し、平塚停車場(平塚駅)が開業しました。

それを記念して、駅舎の正面には、一本の柳の木が植えられました。

 

柳の木は、1923年(大正12年)の関東大震災や1945年(昭和20年)の平塚空襲による駅舎の全壊や全焼にも耐えました。

ですが、1956年(昭和31年)には、とうとう枯れてしまったそうです。

 

しかし、当時の駅員が、柳の枝を挿し木にして残していました。

そこで同年7月11日に、平塚駅開業70周年記念として、駅前に植栽されたと案内されています。

 

2009年(平成21年)には、駅前広場のバリアフリー化工事により、移植が必要になりました。

そこで、再び挿し木にした後、現在の位置に植えられたそうです。

 

足元には、当時の市長による言葉が残されています。

 

【平塚駅の柳の木】

平塚市宝町 平塚駅北口付近

カテゴリー: その他, 中心部 | 平塚駅の柳の木 はコメントを受け付けていません。