考察

『湘南』のイメージに関するアンケート」の結果と分析から、考察してみます。

 

葉山、逗子、鎌倉は、湘南であるという意見と湘南でないという意見の両方が、強く存在するようです。

湘南でないのは独自のブランドが強く、イメージが合わないといった感じでしょうか。

「思う」に比べると少ないものの「思わない」が意外と多いのが、それを裏付けます。

自由記述では湘南の印象として「ヤンキー」「ちゃらい・チャラチャラ」「やんちゃ」があったので、違うと考えた方が多かったのかも知れません。

 

藤沢は、自由記述にあった「江の島」「江ノ電」があり、湘南と捉えられやすかったと考えます。

鵠沼など知名度の高い海岸も抱えます。

 

茅ヶ崎は、自由記述にあった「サザンオールスターズ」「加山雄三」があります。

湘南と考えられやすいとは分かっていましたが、この地域の中で最も強く支持されているということは、今回のアンケートによって改めて認識できました。

「思う」は55%を超え、「思わない」は3%強で、ダントツでした。

 

大磯は、葉山や逗子、鎌倉と似た傾向がありそうと考えます。

また、鎌倉などに比べて「分からない」が多くなっており、認知度が若干低い可能性があります。

 

二宮は、「分からない」が38%強と一番多くなっています。

他の地域に比べて、認知度の点でやや劣るのかも知れません。

 

小田原は、「思わない」が40%弱もありました。

位置的な問題と共に、独自のブランドが確立されていることが考えられます。

 

平塚は、どうでしょう?

 

「思う」は20%弱で、9地域中5番目の多さです。

一方で、「思わない」は10%強で、9地域中3番目の少なさです。

「分からない」は、22%強で、9地域中4番目の多さです。

 

スコアは89点で、9地域中5番目です。

正直、「平塚は湘南であるか?」というテーマ・問題を裏付けるような結果となってしまいました。(苦笑)

 

アンケート後に思い出しましたが、東川篤哉の小説「平塚おんな探偵の事件簿」シリーズでは、次のような記述がありました。

さすが著名な作家だと、改めて認識した次第です。(笑)

 

 

「平塚は湘南であるか?」といった問いが笑い話になるような未来を期待し、このテーマは一旦終了します。

カテゴリー: 特集 | 考察 はコメントを受け付けていません

元旦の花水川河口

元旦に写した、花水川河口です。

 

空、海、川の3つの青があります。

青天だったため、綺麗なグラデーションになっています。

 

特集の「平塚の謎」の「形が変わる花水川河口」でも使用しました。

カテゴリー: 写真館 | 元旦の花水川河口 はコメントを受け付けていません

形が変わる花水川河口

平塚の西部を流れる花水川(金目川)の河口です。

 

一般的に、海に近づくに連れて川幅は広くなるものと思います。

この花水川もそれは同じですが、河口が少し特殊な形をしていて、両岸がせり出して急に狭くなる箇所があります。

 

その形も、常に同じではありません。

例えば、Googleマップで同じ地図を航空写真で表示すると、形が違っています。

 

通常表示では左岸、右岸の順でせり出していますが、航空写真では右岸、左岸の順になっています。

 

これが自然現象によるものか、人為的な行為が影響しているのか、分かっていません。

実際に目にすると、不思議さを感じられると思います。

 

花水川橋から海に向かって写したものです。

青天では、このように綺麗な写真が撮れました。

カテゴリー: 特集 | 形が変わる花水川河口 はコメントを受け付けていません

平塚八幡宮の参拝風景

ヘッダー画像を更新しました。

平塚八幡宮の参拝風景」です。

カテゴリー: 案内 | 平塚八幡宮の参拝風景 はコメントを受け付けていません

2023年

○ 平塚八幡宮の参拝風景 2023年1月

カテゴリー: 特集 | 2023年 はコメントを受け付けていません