花水川の夕暮れ

ヘッダー画像を更新しました。

「花水川の夕暮れ」です。

カテゴリー: 案内 | コメントする

地価(平均価格、商業地)

商業地の地価です。

神奈川県かながわ地価レポートにある「平均価格・平均変動率推移表(地価調査)」の平均価格を利用しています。

 

1974年(昭和49年)から2019年(令和元年)までのデータがあります。

単位は、「千円/㎡」です。

(出典:神奈川県かながわ地価レポート

 

全体のトレンドは、7市とも似ています。

1980年代後半から1990年代初めにかけてのバブルの時期に価格が高騰し、その後は低下しているのは、住宅地と同様です。

 

ただ、バブルの時期の高騰率は、市によって大きな違いがあったようです。

厚木市や藤沢市などでは、今では想像もつかないような高まりを見せています。

 

平塚市は、全体では平均的です。

グラフで見るとやや分かりづらいですが、2019年では藤沢市、厚木市、茅ヶ崎市に次いだ高さでした。

 

1974年の時点では、7市の中で一番高かったようです。

1978年までは、トップを守っていました。

商業地として、魅力的だったのかと想像します。

 

その後、藤沢市には1986年に抜かれ(1980年~1982年にも一旦抜かれています)、厚木市には1983年に抜かれ、今に至ります。

茅ヶ崎市とは何度も入れ替わっていましたが、2013年以降は後塵を拝しているようです。

カテゴリー: 特集 | コメントする

地価(平均価格、住宅地)

住宅地の地価です。

神奈川県かながわ地価レポートにある「平均価格・平均変動率推移表(地価調査)」の平均価格を利用しています。

 

1974年(昭和49年)から2019年(令和元年)までのデータがあります。

単位は、「千円/㎡」です。

(出典:神奈川県かながわ地価レポート

 

全体のトレンドは、7市とも似ています。

1980年代後半から1990年代初めにかけてのバブルの時期に価格が高騰し、その後は低下しています。

 

ただ、藤沢市と茅ヶ崎市の2市は、比較的高い水準を保っています。

また、2000年代半ば以降は、下げ止まりの様子も見られます。

1970年代などと比べるとそれ以降の方が、地価が高い市とそうでない市との差が広がっていると言えそうです。

 

平塚市は、全体では平均的です。

藤沢市や茅ヶ崎市に比べると、評価は高くなさそうです。

 

地価調査の全地点の平均であるため、金額の比較は参考程度になるところもあります。

とは言え、傾向を掴むには、役に立ちます。

カテゴリー: 特集 | 地価(平均価格、住宅地) はコメントを受け付けていません。

夕暮れ時の富士山

ヘッダー画像を更新しました。

「夕暮れ時の富士山」です。

カテゴリー: 案内 | 夕暮れ時の富士山 はコメントを受け付けていません。

平塚市と茅ヶ崎市の人口比較

日本全体として人口が減少傾向にあることは、よく知られている事実です。

 

その中で、平塚市と茅ヶ崎市で、将来的に人口が逆転すると予測されていることに気づきました。

そこで、どのような見通しとなっているのか、調べてみました。

 

参考にしたのは、次のページです。

 

○ 総人口

2015年までは、国勢調査を基にした値です。

10月1日時点の人口を用いています。

2020年以降は、国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口を使用しています。

 

一貫して平塚市の方が多かったものの、1985年頃をピークに差は縮まっています。

そして、2030年頃にその差はなくなり、それ以降は茅ヶ崎市の方が多くなります。

その後は、差が拡大すると推計されているようです。

 

○ 年齢別人口

せっかくなので、年齢別人口も見てみました。

次の分類となっています。

  • 0~14歳
  • 15~64歳
  • 65歳以上

 

利用データは、総人口と同様です。

2015年までとそれ以降で、分かれます。

 

平塚市の方が茅ヶ崎市より全体に対する割合が高いのは、0~14歳で2000年頃、15~64歳で2015年頃までになるようです。

65歳以上は、2015年以降、平塚市の方が高いです。

 

将来推計人口はあくまでも推計であり、変化する可能性はあります。

2030年までおよそ10年ほどですが、その頃にどのように変化しているのか、気になるところです。

カテゴリー: 特集 | 平塚市と茅ヶ崎市の人口比較 はコメントを受け付けていません。