平塚ウォーカー

平塚をテーマとしたムックです。

 

発行は、「横浜ウォーカー」などを手がけるKADOKAWAです。

「ひと駅ウォーカー」シリーズの一冊になっています。

 

「ひと駅ウォーカー」とは、比較的狭いエリアに限定したシリーズになるようです。

神奈川県内では、「川崎駅」「武蔵小杉」「溝の口」「戸塚」「日吉・綱島」「藤沢・辻堂」「相模原」といったものが既に発売されています。

 

次のような紹介がありました。

「横浜ウォーカー」など定期刊行誌で蓄積した徹底した街を深堀していくノウハウを、人の往来の多いひと駅に特化して、ディープに切り込んでいきます。

1年間使える生活に便利な情報を保存版としてまとめることにより、そのエリアを往来する方々に長く使っていただけるムックです。

 

地元自慢ランキング・ベスト50、湘南ベルマーレ、グルメ、有名人等が掲載されています。

平塚の歴史や地元企業など、渋い情報もあります。

 

内容は、充実しています。

渋い情報やニッチな情報が盛りだくさんなので、市役所か観光協会が発行したのかと思えたほどでした。(笑)

 

予定印刷部数は、3万部とありました。

どれだけ販売されたか、気になるところです。

 

【平塚ウォーカー】

http://www.kadokawa.co.jp/product/321706000899/

カテゴリー: 書籍 | 平塚ウォーカー はコメントを受け付けていません。

湘南ベルマーレの「ホーム最終戦セレモニー」

トップページのヘッダー画像を更新しました。

湘南ベルマーレの『ホーム最終戦セレモニー』」です。

カテゴリー: 案内 | 湘南ベルマーレの「ホーム最終戦セレモニー」 はコメントを受け付けていません。

市営虹ヶ浜東住宅の壁画

平塚の南部、海岸近くに位置する市営住宅にある壁画です。

 

建物は、東西に並んだ3棟で構成されています。

その最も東側と西側の面に、壁画が描かれています。

 

東側です。

太陽と空(海?)、かもめのようです。

何となく、某家電量販店のイメージキャラを彷彿とさせないでしょうか?(笑)

 

西側です。

イルカとヨット、海、太陽でしょうか。

 

ポップで明るい感じのする2つの壁画でした。

 

【市営虹ヶ浜東住宅の壁画】

平塚市虹ヶ浜7

カテゴリー: その他, 海岸部 | 市営虹ヶ浜東住宅の壁画 はコメントを受け付けていません。

市営虹ヶ浜住宅

平塚の南部、海岸近くに位置する市営住宅です。

 

3棟から構成されています。

 

棟のそれぞれに、石片で壁画が描かれています。

「くすのき」だと思います。

 

「しらさぎ(コサギ)」だと思われます。

 

「なでしこ」だと思います。

(初めは、「たんぽぽ」かと考えましたが)

 

平塚市では、「くすのき」は「市民の木」、「しらさぎ(コサギ)」は「市民の鳥」、「なでしこ」は「市民の花」とされています。

平塚市の紹介ページ

市営の住宅ということで、このようなセレクトになったのかと想像されます。

 

この住宅は、1979年(昭和54年)~1983年(昭和58年)頃に作られたようです。

「市民の木」と「市民の花」の制定が1982年(昭和57年)4月1日と案内されているので、その関係もあったのかも知れません。

ただ、「市民の鳥」の制定はもっと後であるため、この壁画ができたのは建築より後といった可能性もあります。

 

他にも、面白いものが見られます。

竹取物語(かぐや姫)でしょうか?

ここに描かれている理由は分かりませんが、七夕まつりに繋がるのかも知れません。

 

オブジェです。

「虹」という名前なのだと思います。

 

色々と手をかけられた住宅のようでした。

 

【市営虹ヶ浜住宅】

平塚市虹ヶ浜21

カテゴリー: その他, 海岸部 | 市営虹ヶ浜住宅 はコメントを受け付けていません。

平塚若宮ハイツの壁画

平塚の西南部に位置する「平塚若宮ハイツ」にある壁画です。

 

正式名称は、「県公社平塚若宮ハイツ」となるようです。

全部で324戸・14棟の大規模マンションですが、幾つかの建物の側面に、鳥の絵が描かれています。

 

一枚の絵ではなく、石片を組み合わせて描かれています。

どうも、東向きの壁に、配置されているようです。

 

隣接して、動物の絵が描かれている山下団地があります。

本当に、アートと動物が大いに好まれるエリアであるのかも知れません。

 

【平塚若宮ハイツの壁画】

平塚市山下760-1 平塚若宮ハイツ内

カテゴリー: その他, 郊外(西部) | 平塚若宮ハイツの壁画 はコメントを受け付けていません。