市営虹ヶ浜東住宅の壁画

平塚の南部、海岸近くに位置する市営住宅にある壁画です。

 

建物は、東西に並んだ3棟で構成されています。

その最も東側と西側の面に、壁画が描かれています。

 

東側です。

太陽と空(海?)、かもめのようです。

何となく、某家電量販店のイメージキャラを彷彿とさせないでしょうか?(笑)

 

西側です。

イルカとヨット、海、太陽でしょうか。

 

ポップで明るい感じのする2つの壁画でした。

 

【市営虹ヶ浜東住宅の壁画】

平塚市虹ヶ浜7

カテゴリー: その他, 海岸部 | 市営虹ヶ浜東住宅の壁画 はコメントを受け付けていません。

市営虹ヶ浜住宅

平塚の南部、海岸近くに位置する市営住宅です。

 

3棟から構成されています。

 

棟のそれぞれに、石片で壁画が描かれています。

「くすのき」だと思います。

 

「しらさぎ(コサギ)」だと思われます。

 

「なでしこ」だと思います。

(初めは、「たんぽぽ」かと考えましたが)

 

平塚市では、「くすのき」は「市民の木」、「しらさぎ(コサギ)」は「市民の鳥」、「なでしこ」は「市民の花」とされています。

平塚市の紹介ページ

市営の住宅ということで、このようなセレクトになったのかと想像されます。

 

この住宅は、1979年(昭和54年)~1983年(昭和58年)頃に作られたようです。

「市民の木」と「市民の花」の制定が1982年(昭和57年)4月1日と案内されているので、その関係もあったのかも知れません。

ただ、「市民の鳥」の制定はもっと後であるため、この壁画ができたのは建築より後といった可能性もあります。

 

他にも、面白いものが見られます。

竹取物語(かぐや姫)でしょうか?

ここに描かれている理由は分かりませんが、七夕まつりに繋がるのかも知れません。

 

オブジェです。

「虹」という名前なのだと思います。

 

色々と手をかけられた住宅のようでした。

 

【市営虹ヶ浜住宅】

平塚市虹ヶ浜21

カテゴリー: その他, 海岸部 | 市営虹ヶ浜住宅 はコメントを受け付けていません。

平塚若宮ハイツの壁画

平塚の西南部に位置する「平塚若宮ハイツ」にある壁画です。

 

正式名称は、「県公社平塚若宮ハイツ」となるようです。

全部で324戸・14棟の大規模マンションですが、幾つかの建物の側面に、鳥の絵が描かれています。

 

一枚の絵ではなく、石片を組み合わせて描かれています。

どうも、東向きの壁に、配置されているようです。

 

隣接して、動物の絵が描かれている山下団地があります。

本当に、アートと動物が大いに好まれるエリアであるのかも知れません。

 

【平塚若宮ハイツの壁画】

平塚市山下760-1 平塚若宮ハイツ内

カテゴリー: その他, 郊外(西部) | 平塚若宮ハイツの壁画 はコメントを受け付けていません。

山下団地の壁画

平塚の西南部に位置する「山下団地」にある壁画です。

 

団地の正式名称は、「県営平塚山下団地」です。

全部で633戸・16棟あるようなのですが、それぞれの建物の側面に大きく、特徴的な動物の絵が描かれています。

 

この動物園、全てを見ようとすると、意外と簡単ではありません。

同じ建物でも、若干絵柄が異なるケースもあるようです。

ちょっとした運動でした。(笑)

 

他にも、アートっぽい箇所がちらほら見られます。

集会所です。

 

管理施設です。

アートと動物が大好きな団地のようです。

 

自治会のHPによると、2007年度と2015年度に、神奈川県県営団地の「優良活動団地」として認定されたそうです。

アートと動物を愛する精神が、息づいているのでしょうか。

 

【山下団地の壁画】

平塚市山下726 山下団地内

カテゴリー: その他, 郊外(西部) | 山下団地の壁画 はコメントを受け付けていません。

ライオンは仔猫に夢中 ~平塚おんな探偵の事件簿3~

平塚を舞台にした、ユーモア・ミステリーの第3巻です。

 

作者は、東川篤哉です。

「謎解きはディナーのあとで」といった作品が有名なミステリー作家です。

 

作品では実在するまちを舞台にすることが多いそうですが、この作品の舞台が平塚となったのは、担当の編集者が平塚出身という理由です。

詳しい経緯などは、第1巻の時に実施された湘南ジャーナルインタビューに記されています。

 

今回登場した施設や地名です。

平塚競技場 平塚競輪場 ベルマーレ
市民病院 農業高校 小田原厚木道路
湘南平 湘南スターモール 七夕まつり
明石町 宮松町 松風町
札場町 中原 豊田
下島 相模川 金目川

 

モデルがあったとしても明らかに架空と思われる銀行や企業は、除いています。

他にも、「生チョコ発祥の店」や「相模川工業地帯」などが登場しました。

 

平塚をネタにしたものは、「平塚のヤンキーは、なかなか地元を離れない」「バカップルの聖地」などがありました。

特に、禁忌とされる、「平塚って『湘南』なのか?」が登場していました。(笑)

 

次は、どのような場所で、どのような事件が起きるのでしょうか?

平塚では、事件がたくさん起こるのです。(笑)

カテゴリー: 書籍 | ライオンは仔猫に夢中 ~平塚おんな探偵の事件簿3~ はコメントを受け付けていません。