史跡」カテゴリーアーカイブ

真田学校跡の碑

平塚市の西部、天徳寺境内に建てられている碑です。   明治初年、大住郡南金目村に、郁文堂という私塾がありました。 1872年(明治5年)、学制が発布され、真田村天徳寺の本堂を校舎にして、足柄県第一大学区第二十九 … 続きを読む

カテゴリー: 史跡, 観光, 郊外(西部) | 真田学校跡の碑 はコメントを受け付けていません。

陸軍架橋記念碑

馬入橋のふもとに建っている記念碑です。   1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災では、馬入橋が倒壊しました。 交通が途絶したため、地元の人達によって渡舟が運行されたものの、豪雨等でしばしば中断し … 続きを読む

カテゴリー: 史跡, 観光, 郊外(東部) | 陸軍架橋記念碑 はコメントを受け付けていません。

原口遺跡の発掘調査跡

西部にある神奈川県農業技術センター付近にある発掘調査跡です。   神奈川県は、農業総合研究所(現・農業技術センター)を建設するにあたって、1992年(平成4年)4月から1994年(平成6年)9月までの2年半、用 … 続きを読む

カテゴリー: 史跡, 郊外(西部) | 原口遺跡の発掘調査跡 はコメントを受け付けていません。

丁髷塚

丁髷(ちょんまげ)を埋めた塚です。   昔、相模国府祭の日に、寒川神社の神輿を担ぐ若者達と、平塚八幡宮の神輿を担ぐ馬入村の若者達が、些細なことから喧嘩を起こました。 馬入村の若者達は、相手の神輿を奪い取って馬入 … 続きを読む

カテゴリー: 史跡, 観光, 郊外(東部) | 丁髷塚 はコメントを受け付けていません。

中原宿高札場跡

中原宿にあった高札場の跡です。   高札場とは、幕府などから出されたおふれを記した木の札を、掲示した場所です。 中原宿では、中原御殿に続く大手道と、中原街道の交わる位置に設けられていたそうです。   … 続きを読む

カテゴリー: 中央部, 史跡 | 中原宿高札場跡 はコメントを受け付けていません。