弦斎通り

平塚駅南口から少し離れたところにある通りです。

PC280002

 

東西に延びる直線の通りで、東の端は代官町交番前交差点となっています。

ここで、「平塚なぎさプロムナード」と「学園通り」に結びます。

全長は、490メートルとされています。

 

この周辺で行われている「村井弦斎まつり」の実行委員会と自治会からの要望により、名称が付けられたそうです。

2002年のことです。

PC280008

 

商業と住宅が混在したエリアです。

所々、お店がちらほらと並んでいます。

PC280003

 

通りの途中に、「村井弦斎公園」があります。

村井弦斎まつり」の会場にもなっています。

PC280013

 

通りのほぼ中央付近では、「扇松海岸通り」と交わります。

PC280004

 

車道には、自転車用のレーンがあります。

文字が薄くなっていますが、「自転車専用」と記されています。

PC280006

 

西端である、市道との交差点です。

南北に貫く市道を北に進み、東海道本線を潜った先には、プラザロードがあります。

PC280009

 

こちら側から、通りを見た姿です。

PC280012

 

【弦斎通り】

平塚市八重咲町


大きな地図で見る

カテゴリー: ストリート, 海岸部, 観光 パーマリンク

2 Responses to 弦斎通り

  1. 栗原健成 のコメント:

    弦斎通りは、地元の商店主を中心として商店街化を目指しましたが、住民側へのネゴ不足で猛反対があり、標柱だけが残ることになりました。
    閑静な住宅地を志向する住民も多いようです。確かに、用途地域は住居系ですから。

    • たけこし のコメント:

      情報、ありがとうございます。
      なるほど、そのような出来事があったのですか。

      確かに、お店を増やしてどうこうというのは、あまり適さないかも知れませんね。
      住宅街に個性的なお店が点在するという方が、現代的?かも知れません。

コメントは停止中です。