馬入橋

茅ヶ崎市とを結ぶ、相模川に架かる橋です。

 

国道1号線が通っています。

鎌倉時代に源頼朝が落馬して、馬とともに入水したという有名なエピソードがあります。

 

ただ、知名度に比べて、それほど目立ったところのある橋ではありません。

上流に架かる湘南銀河大橋や下流の湘南大橋といった片道2車線の大型な橋に比べると、地味な感じはします。

 

とはいえ、相模川が大きな河川であることもあって、眺めはよいです。

橋上から上流方面を眺めると、このような光景になります。

 

下流方面は、海です。

すぐ近くをJR東海道線が平行して走り、その先に湘南大橋、そして海が見えます。

 

タイミングがよければ、東海道線が走る姿も見られます。

 

下り線には、「日本橋から62km」の標識があります。

 

今回、改めて見ましたが、ガードレールなどの痛みが目に付きました。

機能的には問題ないかも知れませんが、もう少し維持管理に手を加えてもよいのではないかと思われます。

 

【馬入橋】

平塚市馬入


大きな地図で見る

カテゴリー: , 観光, 郊外(東部) パーマリンク

2 Responses to 馬入橋

  1. 通りすがりの横浜市民です のコメント:

    またおじゃまします。
    私が子供の頃はまだ旧馬入橋の時代で、隣の鉄橋のように平面に架橋されていて、橋上から川面までが凄く近かった記憶があります。現橋は少し高いだけにちょっと遠く感じますよね。

    茅ヶ崎側の橋のたもとには「でかまん」があり、ガラス越しに大きなまんじゅうがこれ見よがしに飾ってあるの見ると
    「誰がこんなでかいまんじゅう買うんだ?」
    と素朴に思ったものです。余計なお世話ですね。

    そういえば鉄橋の下り線と上り線の間にある、関東大震災で崩れた煉瓦積みの旧線の橋台ってまだ現存しているのかなぁ? 明治時代のものという噂もあるし、ぜひ平塚市で史跡に認定してもらいたいものです。

    それでは。

    • たけこし のコメント:

      「煉瓦積みの旧線の橋台」は、気になったので確認してきました。
      でも、確認のポイントが悪かったようで、分かりませんでした。

      2009年のものですが、このような情報はありました。
      http://www.lococom.jp/article/view/2327609/
      http://www.lococom.jp/article/view/2327633/

      次の機会にでも、またチャレンジしてみます。

      「でかまん」!!、有名ですね。
      昔は、茅ヶ崎は「でかまん」のまち、平塚「へそまん」のまちと思っていたものです。(笑)
      一度食べてみたいと思いつつ、まだ一度も食べたことがありません。

コメントは停止中です。