湘南スターモール商店街のアーケード

湘南スターモール商店街、いわゆる銀座通りの辺りでアーケードの改修が行われていましたが、ほぼ終わったようです。

新しいアーケードが、姿を見せていました。


 

以前のものは、こちらです。

以前に比べると重層感といったものはありませんが、明るくて新鮮な印象です。

 

本日は、平塚では珍しく雪でした。

こういった天気の時は、アーケードがあるのは助かります。

 

アーケードの色が白と青に決まったのは、何故だか知りたいです。

商店街の中に、この色がピッタリとはまっている一角がありました。

カテゴリー: 小ネタ パーマリンク

2 Responses to 湘南スターモール商店街のアーケード

  1. 後藤 のコメント:

    平塚市アーケード一部改修。単にペンキ塗り替え、設備更新しただけの様に思えますが、そんなにお金が掛かる物ですか。防犯カメラなどは無駄。むしろ、アーケード全てを作り直し、中央にも屋根を付け、車道の道幅を狭め、ジグザグにし、歩行者優先にした方が良いように思いました。防犯カメラよりは景観復元・保存・統一化。店舗付き住居を増やし、見守りの目を増やすのが何より重要だと思います。商店街には必ず店舗の義務化。建物の高さ統一。好き勝手にマンション・ビルを建てさせず、管理組合で決める方式に

    • たけこし のコメント:

      コメント、ありがとうございます。
      平塚に限らない、中心市街地の問題を、鋭くご指摘されているかと思います。
       
      アーケードについては、他の事例でも億単位の結構な金額がかかっているようです。
      機会があれば費用の内訳を見ていたいですが、資材や工賃の割合が大きいのかと想像しています。
      また今回、LEDを使用するという話もあったと記憶しています。
       
      車道は、法規制やバス通りなどといった要因のため、変更は容易ではなさそうです。
      ただ、パーキングスペースを使い、自転車の通行レーンや駐車スペースを設けるといったことはよさそうに思います。
      歩行者と自転車を分離すると、随分歩きやすくなりそうです。
       
      店舗やマンションなどは、難しい課題ですよね。
      一部の先進的な商店街では取り組みもあるようですが、なかなかそこまで至るケースは少なそうです。

コメントは停止中です。