陸軍架橋記念碑

馬入橋のふもとに建っている記念碑です。

 

1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災では、馬入橋が倒壊しました。

交通が途絶したため、地元の人達によって渡舟が運行されたものの、豪雨等でしばしば中断していました。

 

9月17日、豊橋の陸軍第15師団所属工兵大隊と、京都の第16師団所属工兵大隊が急遽派遣され、架橋工事が行われました。

橋の全長450メートルの内、平塚側の300メートルを第16師団が、茅ヶ崎側を第15師団が担当し、10月3日に完成したと案内されています。

 

記念碑は、第16師団所属工兵大隊を称えたものです。

碑文の最後に「工兵第十六大隊長」とありますが、地元の有志によって建てられたそうです。

 

【陸軍架橋記念碑】

平塚市馬入本町

カテゴリー: 史跡, 観光, 郊外(東部) | 陸軍架橋記念碑 はコメントを受け付けていません。

湘南ベルマーレの「ホーム最終戦セレモニー」

ヘッダー画像を更新しました。

湘南ベルマーレの『ホーム最終戦セレモニー』」です。

カテゴリー: 案内 | 湘南ベルマーレの「ホーム最終戦セレモニー」 はコメントを受け付けていません。

総合公園の日本庭園

ヘッダー画像を更新しました。

総合公園の日本庭園」です。

カテゴリー: 案内 | 総合公園の日本庭園 はコメントを受け付けていません。

秋の大山

ヘッダー画像を更新しました。

「秋の大山」です。

カテゴリー: 案内 | 秋の大山 はコメントを受け付けていません。

原口遺跡の発掘調査跡

西部にある神奈川県農業技術センター付近にある発掘調査跡です。

 

神奈川県は、農業総合研究所(現・農業技術センター)を建設するにあたって、1992年(平成4年)4月から1994年(平成6年)9月までの2年半、用地内にあった原口遺跡を発掘調査しました。

その結果、旧石器時代~江戸時代にかけての遺構や遺物が、数多く発見されました。

 

旧石器時代の層からは石器や石屑、焼けた石など1万5千点以上が、縄文時代の層からは土器や石器、80軒あまりの竪穴式住居跡や敷石住居跡、集石、墓、貯蔵穴、落とし穴などが見つかりました。

 

弥生~古墳時代では、70軒以上の竪穴式住居跡の他、約100基の方形周溝墓が見つかりました。

住居や墓からは装身具が、底湿地からは木製品が出土しました。

 

奈良時代では、26軒の竪穴式住居跡と16棟の掘立柱建物跡が見つかりました。

江戸時代では、民家跡や井戸、墓、道、溝の跡などが発見されました。

 

出土品は、かながわ考古学財団で保管されているそうです。

また、一部は、農業総合研究所内で展示されていると案内されています。

 

背後には、江戸時代に造られたと思われる塚がありますが、その地中には古墳が眠っていると考えられています。

溝の幅は約4メートル、深さは0.25~1メートルあり、直径は約34メートルの円墳(下榎戸原古墳)です。

 

古墳は、5世紀後半~6世紀にかけて造られたと推測されていますが、塚によって一部が壊されているため、詳しいことは不明ということです。

 

アップの姿です。

右手前にある黒い円筒のようなものが何なのか、気になります。

 

【原口遺跡の発掘調査跡】

平塚市上吉沢 神奈川県農業技術センター付近

カテゴリー: 史跡, 郊外(西部) | 原口遺跡の発掘調査跡 はコメントを受け付けていません。