歩道の再配分による歩行者と自転車の通行区域の分離

ホーム フォーラム 平塚をよくするアイデア 歩道の再配分による歩行者と自転車の通行区域の分離

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #5362 返信
    たけこし
    キーマスター

    平塚は、中心部などを中心に、広い歩道があるところが比較的多いです。
    しかし、歩道が広いから歩行者が安心して歩けるのかと言えば、そうとは言い難いです。

    むしろ、広いがゆえに、自転車と歩行者の接触事故が起きそうなケースを目にします。
    歩道が広いため、自転車が無軌道になったり、速度を出しやすくなるためです。

    そこで、広い歩道があるところについては、歩道を再配分し、歩行者と自転車が通る区域を「明確に分ける」のがよいと考えます。

    メリットは、自転車と歩行者の接触事故、またはその脅威(ヒヤリ・ハット)が減らせることです。
    歩行者と自転車の双方が、安心して通行することができます。
    また、歩道が自動車の駐車場として利用されることも、減るでしょう。

    自転車の走行空間の整備については、「平塚市自転車利用環境推進計画」の中でもうたわれています。
    この実施によりどのように変化するのかは、注目しています。
    http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/koutuu/zitensyariyoukankyousuishin_pubcom.htm

1件の投稿を表示中 - 1 - 1件目 (全1件中)
返信先: 歩道の再配分による歩行者と自転車の通行区域の分離
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">