松泉堂

平塚の中心街から少し離れた、住宅街の中にあります。

ある程度辺りをつけて探したものの、やや分かりづらかったです。

 

夏の日差しを遮るためか、台風の影響による変わりやすい天気に備えてか、シャッターが半分下ろされていたのには驚かされました。

危うく、休みかと思うところでした。

 

店内は、至ってシンプルです。

カウンターの中は、空きが目立ちます。

ただそれでも、選ぶのに迷う位の和菓子が出されていました。

 

購入したのは、「水ようかん」(100円)、「栗まんじゅう」(130円)、「旅衣」(130円)、「登あゆ」(100円)です。

 

「旅衣」は、平塚市観光協会の推奨銘菓です。

平塚が東海道五十三次の宿駅だったことにちなんで名付けられたそうです。

白あんが甘く、松の実が乗せられています。

 

「水ようかん」は、ここ最近食べた水ようかんの中で、一番しっかりした感じでした。(堅さの面で)

「登あゆ」は薦められたものですが、残念ながら明日のおやつです。

 

【松泉堂】

平塚市平塚2-46-14


大きな地図で見る

湘南ひらつかショップインフォメーション:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/syougyou/shop-119.htm

カテゴリー: 中心部, 和菓子, 食事 パーマリンク